Wolt(ウォルト)の配達員になってみる!!登録方法や登録時のお得なボーナス

スポンサーリンク

Wolt(ウォルト)の配達員さんに声をかけられました。

「僕、ウォルトとウーバーやってるんですけど、出前館さんはどうですか?注文入りますか?」

『そうですね、今のところ結構鳴ってるので良い感じですよ』

「ほんとですか?いいですね!!ウォルトも良い感じで稼げてます!!(ちょっとした金額のことも教えてくれた)」

えぇ!!これって…Woltもやるしかなくない!?

ということで早速Woltも登録してみました。

Wolt(ウォルト)に登録するなら5,000~10,000円のボーナスもついでにゲットしよう!!

登録するならまずはマッハバイトに登録するのがベスト!!

期間限定で(募集期間中だけのサービスで)5,000~10,000円のマッハボーナスが貰えます!!



大学じゃないよ!とか、個人事業主としてしっかり稼ぎたいよ!!という方でも大丈夫。

ここから登録するだけで社会人でも個人事業主希望者でも副業希望者でも配達員として活動出来るようになります。

マッハバイトのページに移行した先で「Wolt」と検索すると多数の応募がヒットします。※募集期間が終了するのがいつなのかはわかりません。

そこで自分の配達したいエリアに申し込むとWolt(ウォルト)の登録画面に移動できるので、そこからWolt(ウォルト)の登録を行いましょう。

Wolt(ウォルト)の配達員として登録してみた!

マッハバイトからWolt(ウォルト)のページに飛ぶと、Cookieの受け入れについて質問されます。

1.クッキー受け入れ

ここは、様々なサービスを取り逃さないためにも「受け入れる」を選ぶ方が得策だと私は思います。

2.ウォルト配達パートナー登録

さぁ!!早速登録の開始です。新しいWoltアカウントを作成しましょう。

「登録」を選択

3.アカウントを作成またはログインする

Googleアカウント、Appleアカウント、またはメールアドレスでの登録が可能です。

今回私はGoogleアカウントを選択してみました。

 

4.ぐーぐるでサインアップしてみた  

 

ん?えーっと?なぜ英語??

日本のWolt本社は広島ですが、元々Wolt自体はフィンランドの会社ですから仕方ないのかもしれません。(フィンランドの公用語はフィンランド語とスウェーデン語だけどね(笑))

ともかく入力には問題ないので、

First nameには名前を

Last nameには名字を

Googleアカウントでの登録なのでE-mailアドレスは既に入力されている

国はJapan

Phone numberには電話番号を

Referral codeには紹介者コードを(あれば)

 

5.規約同意

 

ちょっと下に移動して、

規約の同意にチェック

Wolt(ウォルト)からのメール受信にチェック

そして「Continue」を選択!!!

 

6.メールに届いた番号入力

 

送られてきたE-mailに5桁の数字が書かれているので、数字を入力して「Verify」を選択!!

 

7.登録できたぞ!

 

とりあえずアカウント作ったら300円分のポイント貰えた~

続けてサクサクっと詳細情報も入力しちゃいましょ。

 

8.詳細情報 1

 

「メールアドレス」「電話番号」「名(カタカナ)」「姓(カタカナ)」

9.詳細情報 2

 

「配達したい国」は日本

「言語」は日本語

「生年月日」は、日⇒年⇒年 の順番

「経歴確認の許可」は許可しておきましょう。

「次へ」を選択

 

10.詳細情報3

 

「配達方法」「配達したい場所」「週に配達したい時間」は後で変更出来るのでサクサク登録しましょう。

 

10.詳細情報4

 

「配達したい曜日」これも後で変更出来ます。サクサクいきましょ!!

「配達員の経験はありますか?」に関しては私は宅急便と出前館の経験があるので「はい」にしましたが、配達員の経験がなければ「いいえ」を選びましょう。

「紹介者の招待コード」あれば入力しましょう。

「次へ」を選択!!

 

ここまででPCでも出きる作業は終了~

ここからはスマホでの作業になります。

スマホでWolt(ウォルト)ミッション!!

ここからは本格的な登録を開始しなければなりません。

  1. オンライン説明会の視聴
  2. 適性テスト
  3. 必要書類の提出
  4. 契約書への署名
  5. 対面でアカウント有効化
  6. グッズのうけとり

と、やることはてんこ盛りのように見えますが、実際はそれほどでもありません。

※これ以降の内容は今後追加させていただきます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました