スポンサーリンク

ラグビーのキックは選手全員が身に付けるべき技術?一流選手のテクニックを手に入れる!

スポンサーリンク

今回は、
キックに悩むラグビー選手
ラグビーを始めたいけどキック出来るる自信がない人達
の悩みを解消する情報です。

スポンサーリンク

試合で活きるキック上達方法?

ラグビーボールをキックする事は誰にでもできます。
赤ちゃんだって、子供だって、キックするなら誰でも出来るんです。

問題は『試合で活きるラグビーのキック』ができるかどうか?ですよね。

 

『試合に活きるラグビーのキック』はどうやったら出来るのか…

誰から教えてもらったら良いと思いますか?

 

そうです!

 

日本代表をや日本代表のコーチなど、ラグビーの世界を知るエキスパートに聞くのが一番なんです!

 

攻守で不可欠な味方を前進させるキック?

ラグビーで強いチームの条件といえば

  • 強力なフォワード
  • 機動的な攻撃テクニックを持つBKバックパス
  • ゲームを組み立てる優れた司令塔SO

など、これらを充実させ、

さらに、
8人のFWと7人のBKがどのようにボールを支配できるのか?どのようにディフェンス戦術を組み立てるか?
などなど、

考えれば考えるほど奥が深いものです。

 

しかし、これらの条件の中で強豪と呼ばれるラグビーチームに共通する必要条件要素といえば。

優れたキッカーを持つこと

です。

 

得点力だけがキッカーの役目じゃない

試合の結果に大きな影響を及ぼす

  • トライ後のコンバージョンでの得点力
  • ペナルティキックのチャンスを活かす加点力

を持つ事も大事ですが、

 

キッカーには

バックスをキックで走らせて前進させる
相手の後方で、狙った箇所に落とすパントキック
確実にタッチにだして、敵陣の深いところでのラインアウトにもっていく

などの技術を駆使して

どれだけ相手にプレッシャーをかけられるか?
どれだけチャンスを大きくできるのか?

が重要になってきます。

 

もはや「速く」「正確に」ボールを蹴って前進し、相手を後退させることが出来る能力は、
選手全員が身に付けるべきテクニックと言っても過言ではありません。

ただ、それだけの能力を身につけてさせくれるコーチが身近にいるかどうかが問題です。

 

超エキスパートのキックの秘訣

大学ラグビー・社会人ラグビー、さらにはワールドカップ出場経験出場もある一流指導者がノウハウを公開してくれます。

と言ったらちょっと気になりますよね?

 

一流のコーチが一流のノウハウを公開している。

それだけならイマイチ真実味に欠けるかもしれませんが、一流の方達も推薦しています。

 

林雅人さん
(東京ガス・NTTコミュニケーションズシャイニングアークス監督・日本代表アシスタントコーチ、日本A代表監督、慶應義塾大学監督)

Rob Penneyさん
(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス監督、カンタベリー監督、U20ニュージーランド監督)

広瀬俊朗さん
(東芝ブレイブルーパス、日本代表)

 

このような輝かしい経歴を持つ方々が推薦文を書いてくれました。

このノウハウがどれだけ素晴らしいものかがうかがい知れます♪

 ここだけでは語りきれません

  • ラグビーキックのテクニックノウハウ
  • 速い・正確なキックの秘密
  • キックの練習方法の秘密
  • ラグビー選手やサッカー選手のレビュー
  • 攻撃の起点になれるキッカーとは?

など、その他にも多くの情報が詰まっていますので↓こちらのページからご確認ください。

ラグビーキックの上達革命とは

スポンサーリンク